美容整形の歴史と今

世界中、特に韓国で活発な美容整形とは、顔や身体の至る所にメスを入れ、綺麗な身体を手に入れる手術の事で、最近では、注射できれいにするプチ整形と呼ばれる物も登場して注目を集めています。
日本で美容整形が一般的になったのが明治時代です。
この頃は歌舞伎役者や、日本女性が使用していた白粉には鉛の成分が含まれていて中毒症状を起こしていました。
しかし、欧米諸国から最新の医療技術と医療機器を持ち帰った北原十三男により、無鉛肌色白粉が実用化されたため、鉛毒に苦しむ方はいなくなりました。
北原十三男は、ニキビや炎症性の皮膚炎、頬のたるみやしわなどを改善するマッサージや化粧品も制作し、現在の美容整形の基礎を作りました。

その後、第二次世界大戦を経て、美容整形の技術はどんどん進化し、広まっていきました。
日本では普及は遅かったのですが、アメリカ、韓国、中国などはどんどん新しい進化を遂げ、需要が広がっていきました。
日本で美容整形は一般的になったのは2000年に入ってからの事で、それまでは、たとえ美容整形を行ったとしてもあまり公表できる物ではありませんでした。

しかし、現在では、美容整形ブームにもなっていて、値段も安く美容整形へのハードルは下がっています。
今年こそプチ整形から始めようと考えている方も多いのではないのでしょうか。
そこでこのサイトでは、現在の日本における美容整形の情報を紹介します。
美容整形の内容や、クリニックの選び方など、是非チェックして欲しい内容を紹介していますので、是非ご覧ください。


[外部リンク]
プチ整形から本格的な整形手術まで行っている美容外科です → 美容外科